島村楽器 イオンモール和歌山店 シマブロ

島村楽器 イオンモール和歌山店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ベース案内でございます!

皆さん、こんにちは!
ベース担当/上林(かんばやし)でございます!
前回のブログから、あっと言う間に1ヶ月ほど経ちましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

実は先日、こちらでご紹介したKAMINARIのヤードバードが、このブログをきっかけにお客様から問い合わせがあり、その後ご来店、無事嫁いで行きました。
今まで「このブログを観て来ました」っていう方があまりにも少なく、正直果たして効果はあるのかなぁと半信半疑だったんですが、こういう事例があると担当者としては嬉しい限りです!
今後もマイペースながら更新していきますんで、皆さんどうぞヨロシクお願いします!

さあ、そんなこんなでご紹介するベースですが
今回はこちら↓

f:id:shima_c_wakayama:20160208194721j:plain
f:id:shima_c_wakayama:20160208194735j:plain

Freedom C.G.R/SOPB

東京の下町に工房を構えるフリーダム。
最近ではプロ、アマ問わず愛用されている方が増えたメーカーですが、製造に関しては一貫して少数精鋭の職人集団のスタンスを崩さず、日々少数ながら高いクオリティーで製作されています。
今回はそんなフリーダムから定番のセミ・オーダー・シリーズのPBのご紹介になります。

まずはネックから。
f:id:shima_c_wakayama:20160208195217j:plain
ネックはハード・メイプル、指板はマダガスカル・ローズウッドを採用。
ハカランダに近いと言われているマダガスカルですが、色目こそ赤茶けていますが、ハカランダ同様しっとりと艶っぽい肌触り。
独特な木目と相まって趣のある見た目です。

お次はボディ。
f:id:shima_c_wakayama:20160208195629j:plain
カラーは塗りつぶしのホワイトではなく、木目がうっすら見えるホワイト・ブロンド仕上げ。
ボディ材はアルダーではなく、このカラーの為にあえてアッシュをセレクト。
中音域が豊かなアルダープレベとは異なった、アッシュ特有の立ち上がりの早い低音はこのベースならでは。
f:id:shima_c_wakayama:20160208215033j:plain
バックから観るとより木目がはっきり見えますね。
バック・コンターもヴィンテージ・フェンダー同様、かなり深めに入っています。
なので持った時のフィット感はかなり良いです。

そしてこんなとこにも拘りが↓
f:id:shima_c_wakayama:20160208195203j:plain
ピックガードとボディの間にうっすく挟まれているのが観えますか?
これもヴィンテージ・プレベを意識して、ノイズ処理の一環として薄いアルミ・プレートを挟んでいます。
またピックアップはフリーダム定番の「VooDoo/PBノーマル」を搭載。

そして気になるそのサウンドは…
アッシュ・ボディ、マダガスカル・ローズ指板のステンレス・フレット仕様と聞くと、かなりバキバキの音をイメージされるかも知れませんが、実際はエッジはありつつほどよく丸く(太く)、プレCBSにも通ずる低音の深みが弾いていて非常に心地よく、ついつい弾き込んでしまう、そんな素敵なベースに仕上っています!

いかがだったでしょうか?
気になった方は是非この機会に、
島村楽器和歌山店まで遊びに来てください!
お待ちしております!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.