島村楽器 イオンモール和歌山店 シマブロ

島村楽器 イオンモール和歌山店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Wakayama Bass Collection Vol.2 ベース紹介(その③)

みなさん、こんにちは。
ベース担当/上林(かんばやし)です。
今日も引き続き、現在開催中の「Wakayama Bass Collection Vol.2」から新しく入荷したベースのご紹介を!
本日のベースはこちら↓

f:id:shimablo-wakayama:20150128172641j:plain
f:id:shimablo-wakayama:20150128172701j:plain

Provision/Blues Bird Ⅱ

ついにっ、と言うかようやく来ました!
前回の「Wakayama Bass Collection」でもご紹介していたProvision/Blues Birdですが、お蔭様で前回のブロンドは完売し、その後注文していた分がようやく今日届きました!
いやぁ~、待った甲斐があった。
今回はホントにそう思えるベースに仕上りました。
(実は今回のBlues Bird Ⅱですが、前回のBlues Bird Ⅰを基にいくつかのマイナー・チェンジを施しております)
ではではその詳細を…。

まずはネックから。

f:id:shimablo-wakayama:20150128201354j:plain

パッと見て分かるのは、指板が前回のメイプル指板からインディアン・ローズに変わった点。
それ以外はBlues Bird Ⅰと同じように見えますが、実はネック・グリップも変更しています。
上林が所有している64年製サンダーバードメーカーさんに貸し出し隅々まで計測してもらい、全く同じシェイプに仕上っています(笑)
そしてフレットもヴィンテージ・サンダーバードと同じ太く背の低いタイプに変更。
なので左手の感触は64年製サンダーバードと同じ感覚。
高も低く設定しているので非常に弾きやすいです。

そしてお次はボディ周り。

f:id:shimablo-wakayama:20150128201422j:plain

材は前回同様、アッシュの2ピース仕様。
アウトラインはオリジナル・プレベのシェイプのままですが、今回PUの位置を全体的に数mmブリッジ側にズラしています。
また微妙過ぎて分かり辛いですが、実はピックガードの形状も50年代のオリジナル・プレベの形状に変更しています。
微妙過ぎますね…(笑)
そしてアッセンブリーも若干の仕様変更が…。

f:id:shimablo-wakayama:20150128201614j:plain

で、気になるそのサウンドですが、ネックの形状の違いとPUのザグリ位置の違いなどが相まって、前回のBlues Bird Ⅰより更にパワー・アップしています!

フロントでは太く深く、リアではミッドの効いた程よいサスティーンの歯切れの良いトーン。
それはまるで、かのジャコパスのようなサウンドが!(←ユーザーさんにも試して頂いたところ同じ感想でした)
シングルではなくハムなのに(笑)
またミックスした時はローの効いたドンシャリ感が心地良い。
前回のBlues Bird Ⅰがノンリバに近かったのに対し、今回のBlues Bird Ⅱはオリジナル・リバースに近い感じです。
そのオリジナル・リバースを更にフェンダー寄りにシフトした、当初私が目論んでいた通りの仕上がりになりました。

これは良い!
本当にオススメですっ!!

f:id:shimablo-wakayama:20150128201552j:plain

いかがだったでしょうか?
前回以上にマニアックな内容になってしまいましたが(汗)、気になられた方は是非1度、島村楽器和歌山店/上林(かんばやし)までお問い合わせ、ご来店下さい。

お待ちしております!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.